カゴメの植物性乳酸菌ラブレ

カゴメの植物性乳酸菌ラブレ口コミ効果体験談

今、「カゴメの植物性乳酸菌ラブレ」が人気を呼んでいます。乳酸菌ラブレとは、京都の漬物「すぐき」から発見された植物由来の乳酸菌です。

 

植物性乳酸菌は生命力が強いのが特徴ですが、このラブレ菌も生きたままの状態で腸までたどり着くことができます。しかも、その生存率は植物性乳酸菌の中でもトップクラスですので、腸の中でしっかり働いてくれます。

 

そして、腸内では、大量の乳酸菌を作り出します。それによって、腸内の善玉菌が増えて、病気を引き起こすウイルスに対する免疫力を高める効果があります。

 

また、腸内を弱酸性の状態にして悪玉菌の増殖を抑制したり、腸のぜん動運動を適正にして便通を良くしたりする作用があります。つまり、整腸作用があります。

 

そして、その整腸作用は、IBS、つまり過敏性腸症候群の症状を抑えることも可能にします。過敏性腸症候群に苦しんでいる人の腸内は、悪玉菌が多くなっているのが一般的ですが、このラブレ菌を摂取することによって、善玉菌を増やし、悪玉菌を少なくすることができるので、効果があるのです。

 

私は、まさにIBSに苦しんできた人間の1人なので、このラブレ菌に大変興味があります。では、このカゴメの植物性乳酸菌ラブレは、本当にIBSに効果があるのでしょうか?

 

色々なサイトの口コミを見てみると、効果があった!という声がたくさんありました。

 

「下痢や軟便が治った」、「腹痛がなくなった」、「お腹のゴロゴロがなくなった」、「お腹にガスが溜まることがなくなってオナラの回数がオナラや便の臭いが軽減された」、「もっと早く飲んでおけば良かった」等、様々な声がありました。

 

私のようにIBSで苦しんでいる人にとって、この「カゴメの植物性乳酸菌ラブレ」は救世主となるかもしれません。

 

そして、ラブレ菌は、IBSに対して効果があるだけではなく、その高い整腸作用で便秘解消をするので、ダイエット効果もあります。ダイエットをしたい人にも、もってこいのサプリと言えますね。

 

 

こちらもおすすめ
天然美通

 

子供の便秘対策